2017年7月7日 更新

臭いの季節だからこそ消臭以外の香りのケア

汗をかくこの季節は臭い対策には気を付けたいですね。おススメの香りのケアをご紹介します。

梅雨明け前のムシムシとした天気が続きますが、7月に入り夏本番前にダイエットや日焼け対策をされる方が多いですが、この時期は気温が上がり汗をかきやすいので臭い対策も心がけたいですね。

生乾きのタオルや下着などは臭いのもとになるので、抗菌効果の高い洗剤が最近では流行りではありますが、体臭のケアもシッカリしたいところ。衛生的に過ごすことも大切ですが、この時期はシャワーだけで過ごす方も多く、臭い問題はデオドラント剤についつい頼ってしまいがち。

そこで、体臭予防にはお風呂、頭皮を意識したシャンプーと自身を清潔にすることが終わったら、次のステップとしておススメするのが下着類の洗剤です。

柔らかな香りでスメハラにならない一品!

こちらの洗剤は普段、私がランジェリーを手洗いする際に使っています。ブラやショーツは必ず手洗いすることで長く使え型崩れもしません。また、手で洗うことにより、より細かくケアできます。

洗剤の香りはグレープフルーツの爽やかな香りですが、香りが良いだけではなく環境にも優しい優れもの。eucalan(ユーカラン)というカナダ生まれの100%天然成分で作られた、衣類にも環境にも優しい洗剤です。
ランジェリーだけでなくウール、カシミヤ、シルクなどのデリケート製品にも使えます。

天然のエッセンシャルオイルを使っているので虫食いを防ぎ、 ラノリン(羊毛脂)で天然の柔軟剤効果を発揮、静電気を抑え、シワも防ぎます。小さなお子様が使っても安全でペットのシャンプーにも使える優しい製品です。

できれば身に着けるものも人工香料がきつい洗剤より天然のエッセンシャルオイルを使いたいという方には特におススメです。

家族みんなで安心して使うことができるのが心強いですよね。香りはTPOによって使い分けたいもの。消臭剤や香水と違い柔らかな香りでスメハラにならない一品です。

おススメは香水のペアリング

普段着るものは優しい香りに包まれたいですが、気分を変えるのには香水も良いですよね。

そこで、この時期のおススメはカップルで、友達同士で、家族でペアリングする香水です。気温が高くなるに従い香りが立ちやすく温度変化による香りの感じ方も変わってきます。

そこで、この時期は香水を纏うときにペアリングがおススメ。特に同じ空間にいることの多い家族、恋人、親友、オフィスの仲間で香りが重なることでハーモニーを生み出す香水の纏い方はいかがでしょうか?

香水ブランドとして創業したゲランの香水は特にそんな方におススメ。ペアリングを考えて作られた香りが豊富です。

男性用と女性用。それぞれの特性を生かした組み合わせです。
香のノート(揮発する速度、香り立ち)を合わせるだけでも纏まりが出ます。
この季節の臭いケアは消臭だけではなく香りを楽しみながら過ごしたいですね。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自然の常備薬、ペパーミントティーは家族みんなの味方!

自然の常備薬、ペパーミントティーは家族みんなの味方!

食中毒などの起きやすくなるこの季節には、ペパーミントの殺菌効果が期待できます。他にも6月のこの時期、ペパーミントが活躍してくれます。
雨の日にも、夏のような暑い日にもアロマがあれば楽しめる!

雨の日にも、夏のような暑い日にもアロマがあれば楽しめる!

おうちで好きなアロマの香りを使って、オリジナルの練り香水やスキンケアローションなどを手作りしてみませんか?
日本の薬湯十二ヵ月 ー5月 菖蒲湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー5月 菖蒲湯ー

薬湯12ヵ月の中でも、今でも習慣となっているのが柚子湯と菖蒲湯。5月のお節句には、多くのご家庭で菖蒲湯を楽しまれていることと思います。今月はその『菖蒲湯』についてお伝えします。
日本の薬湯十二ヵ月 ー4月 桜湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー4月 桜湯ー

日本の春の楽しみと言ったら、桜。4月の薬湯は「桜湯」。桜の言葉の由来とともにご紹介します。
毎年恒例☆サロンの春は英会話強化の季節

毎年恒例☆サロンの春は英会話強化の季節

TAMAKOさんのサロン『Via・Monte』では、春になると英会話が必要になるそう…。なぜ??TAMAKOさんおススメの楽しい英語習得法もご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・セラピスト TAMAKO/美容家・セラピスト

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集