2016年10月10日 更新

植物のちから"フィトセラピー" ~旬の植物~

秋は特に旬の野菜や果物を味わって楽しむことが多いですよね。これは知らず知らずのうちに私たちが実践している「食べる」フィトセラピーなのです。

植物が持つ癒しの力で、私たちが生まれながらに持っている自然治癒力に働きかけ、病気予防や心身の不調和の改善をするフィトセラピー(フィト=植物 セラピー=療法)。

ハーブやアロマ、野菜や果物を使って「飲む」「食べる」「塗る」「あてる」など、簡単にできる実践活用法をご紹介します。

今回は「旬の植物」について。

「食べる」フィトセラピー

日々の食事で野菜や果物を食べることで、植物のパワーを丸ごと摂り入れる。
「食べるフィトセラピー」は、どなたでもカンタンに実践いただけるものです。

栄養バランスの良い食事で病気を予防する「医食同源」という言葉がありますが、この言葉の元となったのは中国の「薬食同源」という思想です。

薬のなかった時代、私たちは病になると、自然の薬である野菜や果物、ハーブやスパイスを口にして、自らや他者を癒してきました。

そうした行為は、西洋医学が発展すると次第に廃れていきますが、薬食同源の記憶は、私たちの深い部分に根付いているのかもしれないなと思うことがあります。

「旬」の美味しさ

植物には「旬」というものがあります。

四季折々に収穫される野菜や果物は、旬のものはとくに美味しく栄養価も高いと言います。

気候や気温、そして植物を取り巻く生き物たちの有り様は四季によって異なり、それらの環境下で野菜や果物は、ある一定の時期を迎えると味わいや栄養価がグンと高まります。
すると私たちはそれを「美味しい」と感じますが、東洋医学ではちょっと違った考え方をします。

人間を含む自然界の生きものが生命活動を維持していくためには、時季ごとにある野菜や果物を必要としていることから「美味しい」と感じるというのです。

この場合の「美味しい」は舌が喜ぶ美味しさというよりも、「滋味」に近いニュアンスですね。

この考え方を知ったとき、東洋医学の哲学的な一面を顧みて嬉しくなりました。

今が旬の「秋蕪」 ~レシピ『カブのレモン風味』~

さて、秋は実りの季節、旬を迎える野菜は数多くあります。

カブの旬は春と秋で、「秋蕪」は10月~11月に美味しさが増します。

フィトケミカルは実と葉で異なり、カロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウムなどを含む葉の方が栄養価は高く、実はビタミンC、カリウム、消化酵素のジアスターゼを含みます。
そして、葉と実を一緒に食べると相乗効果で栄養バランスが大変よくなります。

また、実に含まれるジアスターゼ(消化酵素)は加熱すると栄養価が低下するので、生で食べるのがオススメです。

では、旬の秋蕪を、葉と実を一緒にいただく一品をご紹介しましょう。

***カブのレモン風味***

〈材料〉2人分
・カブ 2個
・カブの葉 少々
・レモン 1/4個
(A)・塩 小さじ1/4
(A)・砂糖 小さじ2/3

〈作り方〉
1. カブは皮をむき薄切りに。葉は小口切りにして塩をふり、しんなりとしてきたら軽く水洗いし絞る。
2. レモンを薄いイチョウ切りにする。
3. 1と2を混ぜ合わせ(A)で調味する。

「カブのレモン風味」は手早く出来て美味しく、見た目もさわやかに食卓を彩ります。
レモンの酸味が食欲を刺激し、代謝を促すお手伝いもしてくれます。
箸休めやお茶うけにもオススメです。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本の薬湯十二ヵ月 ー3月 よもぎ湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー3月 よもぎ湯ー

ヨモギと言えば草餅や草団子!ばかりではなく…、よもぎ蒸しやお灸に使われたりと万能薬と言われています。3月は様々な効果が期待できるヨモギを使った「よもぎ湯」をご紹介します。
植物のちから "フィトセラピー" ~秋の味覚『栗』~

植物のちから "フィトセラピー" ~秋の味覚『栗』~

旬のおいしい食べ物がたくさんの秋。栗ごはんや栗を使ったスイーツはこの時期に食べたくなりますよね!栗の歴史と健康効果をご紹介します。
フルーツたっぷり朝ごはん。キウイと苺のフルーツボウル

フルーツたっぷり朝ごはん。キウイと苺のフルーツボウル

水分たっぷりで爽やかな朝ごはんはいかがですか?切り方を工夫して、朝ごはんをかわいく仕上げてみましょう。
日本の薬湯十二ヵ月 ー8月 薄荷(ハッカ)湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー8月 薄荷(ハッカ)湯ー

ベタベタとした湿気の多い夏の季節には、スッキリと清涼感を与えてくれる薄荷湯はいかがでしょうか。
コラーゲン研究最前線!!野村教授インタビュー(前編)~プロが薦めるセルフケア~

コラーゲン研究最前線!!野村教授インタビュー(前編)~プロが薦めるセルフケア~

6年前、『世界一受けたい授業』で一大コラーゲンブームを巻き起こした東京農工大教授で硬蛋白質利用研究施設の施設長 野村義宏教授に、コラーゲンの秘密と解き明かされた最先端の研究成果をインタビュー。美容と健康の決定打"コラーゲン"の活用方法に迫ります。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

池田明子/フィトセラピスト 池田明子/フィトセラピスト

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集