2017年3月1日 更新

日本の薬湯十二ヵ月 ー3月 よもぎ湯ー

ヨモギと言えば草餅や草団子!ばかりではなく…、よもぎ蒸しやお灸に使われたりと万能薬と言われています。3月は様々な効果が期待できるヨモギを使った「よもぎ湯」をご紹介します。

ヨモギという名前の由来は、四方によく茎や根を伸ばすので「四方草(よもぎ)」、またよく燃えるので「善燃草(よもぎ)」という説があります。

ヨモギと言えば、草餅に草団子。日本人には慣れ親しんだ食べ物です。

また、今では定着した感のある自然療法に「よもぎ蒸し」があります。ヨモギの湯気を腰部にあてる「よもぎ蒸し」は韓国の伝統的な療法で、婦人科系に効果があると言われ、日本でも大変人気があります。

3月の薬湯は、そのヨモギを使った「よもぎ湯」です。

ヨモギの効用

ヨモギは、キク科ヨモギ族の多年草で、昔から食用や薬用に使われてきました。
天ぷらやお浸しにして食べるのは、3月から5月の若芽です。
よく育った茎や葉は、漢方で「艾葉(ガイヨウ)」と言い、煮出して飲んだりウガイをしたり、塗り薬や湿布にしたりして、食用より薬用として使っていたそうです。

ヨモギに含まれる食物繊維はホウレンソウの3倍。クロロフィル、カロテン、ビタミンも豊富に含まれて万能薬と言われています。
食物繊維が豊富なので腸内環境を整えることから、美肌作りにも効果があります。

そして、お灸のモグサもヨモギですよね。
食べる、飲む、香りを嗅ぐ、燻す、塗るなど様々な形で使われていることからも、万能薬と言われているのでしょう。
ヨモギは、日本全国どこでも自生していて、中国や韓国にも分布しています。
よもぎ酒にして喘息に、塗り薬として切り傷や湿疹などのかゆみ止めに、飲用は消化器系の不調などに良いとされて、多くの人に利用されてきました。

「よもぎ湯」の効果

血行促進作用があるので、神経痛、腰痛、肩こり、肌荒れ、生理痛などに効果があります。
婦人科系全般に良く、生理不順や産後の肥立ちにも良いと言われています。
ただし、妊娠中は控えるようにしてください。
香り効果によるストレス解消作用もあります。

【よもぎ湯の作り方】
2種類の作り方があります。

◇その1◇
1.若い葉の柔らかい所15㎝~20㎝を7~8本良く洗い、細かく刻んで10分程煮詰めます。
2.葉を取り除いて煮汁をお風呂に入れます。

◇その2◇
1.洗った葉を乾燥させてドライハーブを作ります。
2.細かくしてティーバックか布袋に30gほど入れて煮出します。煮汁を袋ごとお風呂に入れます。

ちょっと美味しそうな香りのお風呂になりますね。
日々気温の変化の激しいこの頃、体調も崩しやすい季節ですので、薬湯に入って体調もお肌も健やかに保ってください。

穏やかな春ももうすぐそこまで来ています。

9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本の薬湯十二ヵ月 ー2月 大根葉湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー2月 大根葉湯ー

日本人が大好きな大根。最近は葉付きの大根を見かけなくなりましたが、大根の葉には栄養がたっぷり。今月は大根葉湯をご紹介。大根葉湯には温泉効果もあるそうです。
日本の薬湯十二ヵ月 ー5月 菖蒲湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー5月 菖蒲湯ー

薬湯12ヵ月の中でも、今でも習慣となっているのが柚子湯と菖蒲湯。5月のお節句には、多くのご家庭で菖蒲湯を楽しまれていることと思います。今月はその『菖蒲湯』についてお伝えします。
日本の薬湯十二ヵ月 ー4月 桜湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー4月 桜湯ー

日本の春の楽しみと言ったら、桜。4月の薬湯は「桜湯」。桜の言葉の由来とともにご紹介します。
日本の薬湯十二ヵ月 ー1月 松葉湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー1月 松葉湯ー

日本で人々に古くから親しまれてきた薬湯。毎月、季節に合った薬湯をご紹介します。1月は松葉湯。松葉にはどんな効果があるのでしょうか?
日本の薬湯十二ヵ月 ー6月 どくだみ湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー6月 どくだみ湯ー

独特の強い臭気を持つドクダミ。ジメジメ蒸し暑い梅雨の季節に入ると気になる皮膚トラブルに対しても効果が期待できるそうです。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

佐佐木景子/アロマプロデューサー 佐佐木景子/アロマプロデューサー

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集