2015年11月26日 更新

ハーブやアロマを有効に活用する「コツ」

カラダの声を聴く・・ 癒しのフィトセラピータイム

「フィトセラピー(植物療法)」とは、ハーブやアロマなど、植物の恵みで心と体を健やかにするセラピーです。

本日は、ハーブやアロマをカラダに有効に活用するための「コツ」のお話です。

ハーブやアロマが心身に働くときのポイント

ハーブやアロマが心身に働くときのポイントは主に2つあります。

一つは、植物自身がもつ鎮静作用などの薬理作用です。
例えば、鎮静作用のある香りが直接脳に働くとき、心が落ち着きます。

もう一つは、その香りを使っている時のご自身の身体の声をじっくりと聴くことです。
その声が「心地よい」と言っていたら、ご自身の自然治癒力がしっかりと働いて身体を調整しています。

例えば、ハーブティーを飲む時、
「香りや味が心地よいか?」
「美味しく感じているか?」
じっくりと身体の感覚を探ってみてください。

「いつも携帯を見ながら飲んでいるので、味なんてわからない」
「この成分が良いと言われたから、あまり美味しくないけど飲んでいる」
など・・と言うのではハーブやアロマは、本来の力を半分も発揮することが出来ません。

ハーブが有効に作用する時=心身の自然治癒力が働く時には、「心地良い」と言う身体の感覚がとても大切です。

知識も必要だけど、大切なのは身体に聴いてみること

現代は、知識偏重の時代と言われています。
フィトセラピー(メディカルハーブやアロマセラピー)を学ぶ時も、その植物が持つ成分の名前や薬理作用を覚えるなど、頭の勉強が主流になっているので、その成分さえ取り入れていれば良いだろう・・・、
と言う錯覚に陥り、身体の感覚はないがしろにされることが多々あります。

しかし、本来生活の中で、ハーブやアロマを有効に活用するには、身体の感覚に意識を傾けて、「心地良さ」を積極的に見つけること、これが大切なのです。

ですから、ハーブやアロマを有効に活用する「コツ」は「心地良さ」を感じながら使うことです。

「美味しいハーブティーブレンドを見つける、作ってみる」
「ゆる~りとリラックスするアロマバスに浸かる」
などなど、ご自身のために、心地よいフィトセラピータイムを日々の生活に取り入れてください。

ストレスに囲まれた日常でも、自然治癒力が働くことで、身体を調整してくれます。

健やかな毎日を実現するために身体感覚を意識したフィトセラピーの活用を心がけましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

植物のちから"フィトセラピー" ~年中ある「冷え」対処法~

植物のちから"フィトセラピー" ~年中ある「冷え」対処法~

冷え症の方にとってつらい時期は冬だけではありません。植物のちからを借りて年中ある「冷え」に対処しましょう。
鼻のムズムズをアロマでセルフケア

鼻のムズムズをアロマでセルフケア

風邪や花粉症で何だか鼻がムズムズする時季。どんな対策をしていますか?アロマを使って香りを楽しみながらムズムズ対策してみませんか。
植物のちから"フィトセラピー" ~食べ過ぎた時のフィト的対処法~

植物のちから"フィトセラピー" ~食べ過ぎた時のフィト的対処法~

年末年始は食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうもの。お疲れ気味の胃腸は、植物のちからで癒してあげましょう。
『とっておきのボディーローション』晩秋レシピを伝授!!プロが薦めるセルフケア

『とっておきのボディーローション』晩秋レシピを伝授!!プロが薦めるセルフケア

皆さんが日ごろ実践しているセルフケア。今月はこのセルフケアに際し、お肌を美しく保つために必要な意識~季節感と、晩秋の11月から12月にかけて必須なセルフケアを具体的に見ていきましょう。
香り歳時記 ー9月 菊ー

香り歳時記 ー9月 菊ー

9月9日「重陽の節句」をご存知ですか?菊を用いて不老長寿を願うそうです。古くから日本人の身近にある菊をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

池田明子/フィトセラピスト 池田明子/フィトセラピスト

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集