2017年1月5日 更新

10年に1度の寒波到来!寒い日にこそ「あったかマッサージ&アロマバス」

気軽に香りを楽しめるアロマバス。「気持ちいい~!」時間をつくって、寒さが続く毎日も乗り越えよう!

今年の寒さは10年に1度とのこと。
通勤や通学の足も乱れて、皆さん大変な思いをされていることと思います。

季節の移り変わりを感じながら

1月2日から2月3日の節分までを二十四節気では大寒と言います。
1年で一番寒い時期ということですね。
七十二候では、大寒を3つの次期に区分しています。

1月20日から1月24日までを、「款冬華(ふきのはなさく)」
凍り付いた地面から蕗が花を咲かせ始める頃。

1月25日から1月29日までを、「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」
沢の水も厚く凍る頃。年間の最低気温を出すのもこの頃です。

1月30日から2月3日を、「鶏乳始(にわとりはじめてとやにつく)」
日照時間が長くなると卵を産む習性のある鶏が、卵を産み始める頃。

自然と共に暮らす日本人の知恵がよく表れている季節区分ですね。
毎日とーっても寒いのですが、日の出が早くなり、日差しが日ごとに強くなっていき、季節が春に変わっていくのを感じるこの頃です。

おススメの精油で冷え対策!

体が冷えたなと感じた時には、手足のマッサージ&アロマバスがいいですね。
マッサージによる末梢血流の改善は、全身の血液の流れを良くします。
お勧めの精油はゼラニウム。女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので、体の中から健康をサポートしてくれます。
少し赤みが出てかゆい!しもやけかな…?と思ったら、ラベンダーの精油を使ってみてください。炎症を鎮める働きがありますので、痒みを抑えて血流を整えてくれます。
アロマバスで全身浴を行うと、体が芯から温まります。
いい香りのリラックス効果もありますよね。

ラベンダーの精油を2~3滴入れて、香りのお風呂を楽しんでください。
ラベンダーは、寒さに対抗するために興奮した自律神経を鎮静させてくれます。
ラベンダーは苦手!という方は、お好きな精油でゆったりとアロマバスを楽しんでください。いい香り!と感じることが大切です。
忙しい毎日の中でも、「気持ちいい~!」と感じる時間を作って、心と体をケアしてください。養生は日々のちょっとしたことから始められますよ。

10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夜眠る前に簡単にできるアロマテラピー

夜眠る前に簡単にできるアロマテラピー

暑くて汗をかいたり、冷房の効いた室内や乗り物で身体が冷えすぎたり、夏は夜ぐったりと疲れを感じますよね。一日の疲れを翌日に持ち越さないためには、夜の自宅でのケアが大切です。ぐっすりと眠れるようにカンタンにできるアロマケアを取り入れてみませんか?
11月後半!語呂合わせ、アロマdeいい◯◯の日を楽しもう!!

11月後半!語呂合わせ、アロマdeいい◯◯の日を楽しもう!!

11月ならではの『いい(11)○○の日!』いい夫婦(11月22日)から、いい肉(11月29日)まで、語呂合わせで楽しいアロマデーはいかがですか?
風邪シーズンをアロマで乗りきる!

風邪シーズンをアロマで乗りきる!

乾燥の季節に突入し、風邪には要注意です。ご自宅でアロマを使った風邪対策始めませんか?
○○の秋をアロマテラピーで楽しむ

○○の秋をアロマテラピーで楽しむ

食欲の秋、スポーツの秋、学問の秋…さまざまな秋の過ごし方に、ピッタリのアロマテラピーをプラスして"充実した秋"を始めませんか?
九月病をアロマで乗り切る

九月病をアロマで乗り切る

五月病に似た症状の「九月病」は、夏が終わり、季節の変わり目に起こりやすい心身の不調。「九月病」見られる症状と、対策法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

佐佐木景子/アロマプロデューサー 佐佐木景子/アロマプロデューサー

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集